ワンルームマンション投資の有効性について

親が元気なうちに相続対策を行うことの重要性とは
親が元気で健在なうちに相続対策を行うことは非常に重要です。
これは、親が末期がんなどの病気で余命が短くなった場合に、急いで相続税対策を行っても効果がほとんどないからです。
相続税に関する法律の仕組みにより、多くの人が相続税の問題に悩まされることがあります。
ですので、早めに相続税対策を取り組むことが大切です。
ワンルームマンションによる相続対策の有効性とは
相続税は原則として一括で現金で納付されるため、一定の現金を残しておくことが重要です。
しかし、多額の現金や預金を相続する場合は問題が生じることがあります。
なぜなら、現金や預金は時価評価されるため、評価額を下げることが困難だからです。
一方、不動産の評価額は土地や建物の公示価格に基づいて計算されます。
具体的に言えば、土地の評価額は公示価格の80%、建物は固定資産税評価額と同額になります。
したがって、不動産投資による相続対策は、現金や預金に比べて評価額を下げることができるため、有効な手段となります。
ただし、相続税の事情は個別の状況によって異なるため、具体的な対策は税理士などの専門家に相談することをおすすめします。
ワンルームマンション投資とは
ワンルームマンション投資とは、土地上に建てられたマンションの一部屋を賃貸用に利用し、不動産投資として運用する方法です。
この場合、相続税の評価額は以下の式で計算されます:自己使用地の価格×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)。
また、建物部分は貸家として評価され、自己使用住宅価格×(1-借家権割合×賃貸割合)で評価額が算出されます。
参考ページ:不動産投資 ワンルーム 節税 気軽にできるワンルーム投資で節税効果はあるのか解説
ワンルームマンション投資による土地の評価額の減少について
ワンルームマンション投資による土地の評価額の減少は、自己使用地と賃貸部分を区別して考えることによって起こります。
具体的には、土地に建てられたワンルームマンションの評価額から、賃貸部分の価値が差し引かれるため、全体の評価額が低くなります。
また、ワンルームマンションへの投資用地に関しては、特例として土地の評価額から50%を減額することができます。
この特例を適用するためには、非常に複雑な計算が必要となるため、税理士や専門家に相談することが重要です。
特例を利用することにより、相続時の土地の評価額がさらに低くなることが可能です。