任意整理のメリットとデメリット|おすすめの人とは?

任意整理とは、債権者と直接交渉して借金の返済額や方法を再設定する手続きです。
裁判所を通さないため、手間や費用が少なく、周囲に知られずに済むというメリットがあります。
また、将来利息をカットできるため、借金を減らすことができます。
さらに、手続きする借入先を選べるので、連帯保証人がいる借金や担保付きの借金を除外することも可能です。
一方で、任意整理にはデメリットもあります。
まず、元金は減額できないので、借金の総額が大きすぎる場合は解決できない可能性があります。
また、債権者に対して和解を強制することはできないので、応じない場合や厳しい条件を提示される場合もあります。
さらに、任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録され、5年間はクレジットカードやローンの利用ができなくなります。
任意整理は、安定した収入があり、借金の総額が大きすぎない、返済を継続する意思があるという条件を満たす人におすすめです。
逆に、借金の総額が大きすぎる、収入が不安定で返済が困難な、すべての借金をなくしたいという人にはおすすめできません。
その場合は、自己破産や個人再生などの他の債務整理の手続きを検討する必要があります。
以上が、任意整理のメリットとデメリット、おすすめの人とおすすめできない人についてのまとめです。
任意整理に関する詳しい情報は、以下のサイトを参考にしてください。
債務整理おすすめ|自己破産して借金450万円がゼロになった筆者の体験談も紹介