家の購入時には「住宅ローン減税」という優遇制度があります

家の購入にはお得な制度があります
家を購入する際には、いくつかの特典制度が用意されていますが、その中でも特にお得なのが「住宅ローン減税」という制度です。
この制度について初めて聞く方や内容をよく知らない方にも、分かりやすく説明いたします。
住宅ローン減税とは
住宅ローン減税とは、住宅ローンの残高に対して所得税を13年間に分けて0.7%ずつ控除する制度のことです。
具体的には、年に納める所得税のうち、ローン残高に応じた一定額が戻ってくる仕組みです。
住宅ローン減税を受けるための要件
住宅ローン減税を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。
1. 自己居住用の住宅を購入すること 2. 住宅ローンを借り入れたこと 3. 借り入れた住宅ローンの残高が一定の範囲内であること
住宅ローン減税の手続き方法
住宅ローンの控除を受けるためには、まず初年度には確定申告を行う必要があります。
具体的な手続きは、税務署で専門の担当者に相談しながら行うことがおすすめです。
また、住宅ローン減税は自動的に適用されるものではなく、手続きが必要な点に注意してください。
まとめ
家を購入する際には、住宅ローン減税などの特典制度を活用することで、よりお得に購入することができます。
住宅ローン減税については、所得税を13年間にわたって0.7%ずつ控除する制度であり、一定の要件を満たす必要があります。
手続きは初年度に確定申告を行うことで受けることができますが、関係者から情報を得ることは難しいため、税務署などの専門家に相談することをおすすめします。
参考ページ:中古 物件 購入 【2023年最新版】不動産購入時減税制度について
入居後の確定申告について
入居した年の翌年、税務署に必要な書類を提出する必要があります。
提出期限は3月15日までです。
初めての確定申告では、いくつかの書類が求められることがありますが、少し手間かかるかもしれません。
しかし、心配せずに済みます。
なぜなら、初年度の書類提出が必要なのは初年度だけで、2年目以降は年末調整を行うことで控除を受けることができるからです。
もし給与所得者の場合、年末に近づくと銀行から「残高証明書」という書類が送られてくるでしょう。
この書類を勤め先に提出しましょう。