新築住宅の固定資産税の目安

新築住宅の固定資産税の目安
新築の一戸建て住宅には、年間約13万円の固定資産税がかかることがあります。
以下に計算の前提条件を示します。
土地の取得費用は1,500万円で、土地の評価額は取得費の8割を基準に算出されます。
建物の建築費用は1,800万円で、建物の評価額は建築費の8割を基準に算出されます。
土地面積は120㎡で、建物面積は80㎡です。
固定資産税率は1.4%です。
なお、固定資産税は土地や建物の性質によって異なりますが、一般的な一戸建てを想定しています。
固定資産税の計算方法
固定資産税を計算するためには、減税制度について理解する必要があります。
以下に固定資産税の基本計算式を示します。
固定資産税額 = 土地・建物の固定資産税評価額 × 税率
土地の固定資産税の計算方法
まずは土地の固定資産税を計算します。
土地の固定資産税は、「住宅用地の特例措置」と呼ばれる減税措置が適用されます。
これは、住宅がその土地上に存在する限り、固定資産税を減税する特例措置です。
建物の固定資産税の計算方法
次に建物の固定資産税を計算します。
建物の固定資産税は、取得費や建築費に基づいて評価額が算出されます。
詳細な計算方法については、固定資産税の専門家や税務署にお問い合わせください。
固定資産税の納付時期と支払い方法
固定資産税の納付時期は、通常は6月と12月の年2回です。
ただし、自治体によって異なる場合もあります。
支払い方法は、銀行振込、郵便振替、クレジットカードなどが利用できます。
具体的な納税方法については、所轄の税務署や自治体の公式ウェブサイトで確認してください。
固定資産税の節税方法
固定資産税の節税方法としては、減税措置を活用することが一般的です。
特に住宅用地の特例措置や特定の条件を満たす場合の減税措置を利用することで、固定資産税の負担を軽減することができます。
詳細な節税方法については、税務署や税理士に相談してください。
新築住宅の固定資産税についての詳細な解説
建物の固定資産税は、新しく建てた住宅では一定の年数、税金を減額することができる制度があります。
この減税措置は、2024年3月31日までに建築が完了した条件を満たす住宅に適用されます。
建物の固定資産税は、土地とは異なり、減税される期間が決まっています。
減税される期間が終了すると、通常の固定資産税額がかけられます。
新築の一戸建て住宅(認定長期優良住宅ではない場合)の建物固定資産税は、3年間は約10万円となります。
ただし、納付時期や支払い方法についても注意が必要です。
納付時期は、一般的には毎年6月と12月の2回あります。
また、固定資産税の支払い方法には、一括払いと分割払いの2種類が用意されています。
一括払いの場合、期限までに全額を支払うことが必要ですが、分割払いの場合は、数回に分けて支払うことができます。
参考ページ:不動産購入後の固定資産税の目安を解説!新築物件の場合は軽減措置有!
節税方法としては、年間支払いが大きい場合や住宅ローンの借り入れがある場合に、所得税の控除や住宅ローン控除などを活用することが挙げられます。
節税に関する詳しい情報は、税務署や専門家に相談することをおすすめします。