純正品を用意しておく

一般的に言って、純正のオプションパーツは社外品よりも査定額が高くなることがありますが、必ずしもそうとは限りません。
ただし、車を売る際に純正のパーツがある方が査定額が高くなる可能性があるため、できる限り純正品を用意しておくことがおすすめです。
また、スペアキーは普段使うことはないかもしれませんが、スペアキーがないことでマイナス査定になる可能性もあるため、しっかり用意しておくことが重要です。
同様に、車の取扱説明書も揃えておくことをおすすめします。
これらは車を購入する際にも必須のアイテムですし、査定額にも影響する場合があります。
また、車を売却するタイミングと税金の関係についても考慮する必要があります。
自動車税は毎年4月1日時点で登録されている車両に課される税金です。
そのため、もし車を売却予定の場合、4月1日前に手続きをすると、新しい所有者が税金を負担することになります。
逆に、4月1日後に手続きすると、売却者がまだ所有権を持っているため、自動車税は売却者が負担することになります。
ですので、車を売るタイミングを考える際には、自動車税の支払いも考慮に入れることが大切です。