純正品を用意しておく

一概には言えませんが、一般的に、純正オプションを装備している車のほうが、社外品を装備している車よりも高い査定額になる傾向があります。
したがって、車を売却する際に純正品を用意しておくと良いでしょう。
特にスペアキーは重要です。
普段はあまり使用しないこともありますが、スペアキーがない場合、査定額が減額される可能性があります。
同様に、車の取扱説明書も揃えておくことをおすすめします。
実際に車を購入する際にも重要な資料ですし、売却時の査定額にも影響を与える場合があります。
また、車を売却するタイミングと税金の関係についても注意が必要です。
自動車税は毎年4月1日時点で登録された車両に対して課される税金です。
この税金は1年分を一括で支払う必要がありますが、売却時に年度途中であっても自動車税の還付は行われません。
つまり、売却した車に対しては、売却日までの期間に対応する金額の自動車税が残っている場合があります。
したがって、車を売却する際には、この点を考慮しておく必要があります。