車を売る時の手続き【保険関係】

車を売却する際には、保険の手続きを忘れてはいけません。
車の保険は売却後も自動的に解約されないため、自分で手続きを行う必要があります。
具体的な手続きについてまとめました。
まず、自賠責保険についてです。
自賠責保険は、事故を起こした際に賠償金を支払うための保険です。
この保険は、公道を走る車には必ず加入しなければならず、未加入の車は公道を走ることができませんし、車検も通りません。
通常、車検の際に自賠責保険の更新手続きを行い、有効期限は車検と同じか、車検よりも1ヶ月長く設定されます。
ですので、車を売却しても自賠責保険は自動的に解約されることはありません。
次に、自賠責保険の還付についてです。
自賠責保険の保険料は、車検の期間ごとに一括で支払われます。
ですので、車を売却することで保険期間が途中で終了してしまった場合、未使用分の保険料は還付されることがあります。
ただし、還付される具体的な金額や手続きについては保険会社のポリシーによって異なるため、事前に確認する必要があります。
以上が車を売却する際の保険の手続きについての詳しい説明です。
大切な車の売却手続きをスムーズに進めるためにも、保険に関する手続きも忘れずに行いましょう。