車を売る時の手続き【保険関係】

車を売却する際には、忘れてはならないのが保険の手続きです。
車の保険は売却後も自動的に解約されることはありませんので、自分で手続きを行う必要があります。
具体的には、自賠責保険と任意保険の手続きが必要です。
自賠責保険は、事故を起こした加害者に賠償能力がなかった場合に被害者を救済するための保険です。
自賠責保険の加入は、公道を走る車に対して義務付けられています。
したがって、未加入の車は公道を走行することができず、車検も受けることができません。
また、車検の際には自賠責保険の更新も行われます。
通常、車検の有効期限と同じ期限か、車検の期限よりも1ヶ月長い期間が設定されています。
したがって、車を売却したとしても自賠責保険は自動的に解約されず、手続きを行わなければなりません。